液体ヘリウム再凝縮装置(マルチシステム対応)

複数台のヘリウムガス使用機器からガスを回収し、再凝縮を行います。 これにより、直面しているヘリウムの供給不安や価格高騰といったヘリウムの諸問題を解決し、脳磁計やNMRといったあらゆる低温装置の安定稼働とランニングコストの削減を実現します。

マルチシステム対応 液体ヘリウム再凝縮装置の特徴


マルチシステム対応液体ヘリウム再凝縮装置(ATL)は、複数台の低温機器からヘリウムを回収し再凝縮を行います。これにより、直面しているヘリウムの供給不安や価格高騰といったヘリウムの諸問題を解決し、脳磁計やNMRといったあらゆる低温装置の安定稼働とランニングコストの削減を実現します。


  • タッチパネル色完全自動制御
  • 高い再凝縮能力
  • 簡単トランスファー
  • マルチシステム対応により臨機応変なヘリウム供給可能
  • 移動・設置が容易
  • セルフクリーニング機能搭載

モデル ATL160 ATL80
デュワー容量 160 L 80 L
再凝縮能力 22 L 以上/日※1 12 L 以上/日※1
制御方法 すべてタッチパネル方式
コンプレッサー 分離型空冷式 or 水冷式タイプ 一体型空冷式タイプ

※1 使用しているヘリウムの純度や圧力によって異なります

マルチシステム対応 液体ヘリウム再凝縮装置の仕様

ATL 160 ATL 80
デュワー容量 160 L 80 L
再凝縮能力 22 L 以上 / 日※1 12 L 以上 / 日※1
本体サイズ W:790 mm × D:1780 mm × H:1550 mm W:530 mm × D:1370 mm × H:1440 mm
コンプレッサー 分離型空冷式 or 水冷式 一体型空冷式
消費電力 6.5 ~ 7.5 kW 3.8 ~ 5.4 kW
ヘリウムガス要項 Flow Rate : 0 ~ 25 SLPM ( 0 ~ 0.88 SCFM ) 純度 : 99.99 %、0 ~ 10 psi

※ 仕様は予告なく変更される場合があります。 ※1 再凝縮能力は、使用しているヘリウムの純度や圧力によって異なります

マルチシステム対応 液体ヘリウム再凝縮装置 アプリケーション

中圧回収システム


  • X:低温装置(2~3台まで接続可能)
  • A:ATL160
  • B:ATL160用コンプレッサー
  • C:簡易型精製器
  • D:低圧タンク(250L)
  • E:中圧タンク(1,000L)
  • F:圧力コントローラー
  • G:ATL160用電力供給ユニット
  • H:小型圧力ポンプ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

トップへ戻る