レーザ加工セル生産機【手動モデル】

レーザ加工セル生産機は生産形態に合せて、1枚1枚の加工から、複数個纏めた加工に対応します。 専用治具により、複数個のワーク加工を高速に行う事も可能です。 また、将来の量産にも対応出来るようなインターフェイスを採用しました。

レーザ加工セル生産機【手動モデル】の特徴

画像認識システム


レーザ出力計測


操作画面


特設サイト

レーザ加工セル生産機【手動モデル】の仕様

装置機能

加工ステージタイプ
リニアステージ XY軸:300mm
ボールネジステージ XY軸:300mm
繰返し精度
±5μm(リニア)±10μm(ボールネジ)
Z軸ストローク
±100mm
加工速度
0.1m/min~21m/min(350mm/sec)
加工ヘッド
集光光学系
切断用モデル・溶接用モデル
ガルバノスキャニング系
2Dモデル・3Dモデル

搭載可能レーザ発振器

IPG社製ファイバーレーザタイプ
YLRシリーズ(ローパワー) 100Wモデル~
QCWシリーズ(パルス)
1.5KW~9.0KWモデル
YLSシリーズ(ハイパワー) 1.0KW~5.0KWモデル

対応アプリケーション

切断 薄板・高反射材・他
溶接 高反射材・特殊鋼・他
スクライブ セラミックス・窒化アルミ・他
マーキング セラミックス・窒化アルミ・金属

特設サイト

レーザ加工セル生産機【手動モデル】のオプション

オプション

画像認識システム ワークの認識マーク読み込みにより、各加工ラインの補正が可能
外部変調機能 より細かいパルス発振制御が可能
CAD/CAM変換ソフト
加工データを簡単に編集可能
レーザ出力計測 パワーメータを装置内にセット可能

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

トップへ戻る