赤外線加熱単結晶育成システム

棒状に焼き固めた粉末試料を、2つのハロゲンランプと双楕円鏡で集中加熱して試料を溶解し、単結晶化するシステムです。

赤外線加熱単結晶育成システム 特徴

高純度単結晶


フローティングゾーン(FZ)方式により、不純物の混入しない純度の高い単結晶を得ることができます。


温度均一性


溶融帯を長時間安定して維持するために、ランプ・反射鏡の計上を設計しており、軸方向に最適な温度勾配ができております。


高い操作性

本体据付のタッチパネルで全ての操作が可能、リアルタイムに単結晶の育成を観察することができます。


空冷式

空冷コンプレッサー内蔵により、チラー・冷却水は一切不要です。


特徴 仕様 オプション 赤外線加熱単結晶育成システム 仕様

ランプ 2
タイプ ハロゲン
ランプ出力 2 × 650 W (最大)
冷却方式 空冷式
ランプ出力安定度 0.01 V
反射鏡 形状 双楕円
温度(溶融帯において) 2100 °C (4 mm) (MgAl2O4 において : 2150 °C)
単結晶育成サイズ 100 mm (最大)
単結晶育成直径 6 mm (最大)
主軸制御 単結晶育成速度 0.1 ~ 1.4 mm/h & 1 ~ 14 mm/h
駆動方式 上下独立
移動速度 20 mm/m
回転速度 6 ~ 60 rpm
その他 制御方法 タッチパネル
モニタリング CCDカメラでのリアルタイム観察可能
雰囲気圧力 0.3 MPa ※ < 1 MPa まで対応可能(オプション)
寸法 W:750 mm × D:750 mm × H:1700 mm
重量 450 kg
電源 200 ~ 240 V, 20 A, 単相

赤外線加熱単結晶育成システム オプション

プレスユニット

原料棒を成形するための油圧式プレスユニット


リモートコントロール用ノートパソコン

ノートパソコンを使用しての遠隔操作が可能となります


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

トップへ戻る