C-Trap 光ピンセット蛍光顕微鏡システム

C-Trapは、一分子マニピュレーションと一分子蛍光の同時観察を可能にした世界初の装置です。高分解能の光ピンセット機能、一分子観察機能(共焦点/STED/IRM)、さらにマイクロ流路が統合され、一体型の筐体に組み込まれたことにより、既存のシステムと一線を画する高い分解能・低ドリフト性を獲得しました。

C-Trapにより、真にcorrelativeな一分子計測が可能となります。

光ピンセットとは

2018年、光のモーメント利用した非常に敏感な「ピンセット」の発見により、アーサー・アシュキン博士がノーベル物理学賞を受賞しました。

強度の勾配をもつレーザーを対物レンズを通して収束すると、液中の粒子はレーザーの中心に捕捉されます。まるで光で粒子を「つまんだ」ような状態になるため、光ピンセット(optical tweezer)と呼ばれます。プラスチックやシリカの粒子にはさまざまな生体分子(タンパク質、細胞骨格繊維、DNA、RNA等)を結合させることができます。そのため、光ピンセットを使えば、これらの粒子間の生体分子に非常に小さい力を加えたり、働いている力を測定することができます。


光ピンセット部

独立マニピュレート可能なレーザーは2光路あるいは4光路
高い安定性と高分解能なレーザーステアリングで分子のマニピュレーションが可能
力検出機能 高い離脱力(>1000pN)まで検出可能
高安定性 <0.3 pN/min
高分解能 <0.1pN at 100Hz

蛍光顕微鏡部


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

トップへ戻る