カーボンナノチューブ分光計 NanoSpectralyzer (R)

半導体SWCNT(Single Wall Carbon nanotube:単層カーボンナノチューブ)が、近赤外(NIR)の蛍光を発する点に注目し、その励起波長と蛍光波長から、(n,m)別の存在比を得る測定器です。さらに、吸光度測定も可能であるため、溶媒中でのSWCNTの分散状態の確認(蛍光/吸光の比から算出)も可能です。

NanoSpectralyzer (R) 特徴

SWCNT(Single Wall Carbon nanotube:単層カーボンナノチューブ)は、およそ直径1nm、長さ100~1000nmの六員環炭素シートを丸めたような構造を持つ、微少な筒状物質です。

SWCNTは、その筒状構造の”n:直径”と、”m:ねじれ(角度)”により、全部で数十種類存在し、ファミリーと呼ばれる3グループに分類されています。これらは、非常に小さな差ですが、その直径と角度のわずかな違いにより、金属や半導体など、非常に異なった性質を示すようになります。

ある特定(n、m)のSWCNTだけを作製する技術は確立されておらず、現時点では、どのような作製方法を用いても、複数種が混在した状態で作製されます。SWCNTの研究を行うにあたり、どのような種類が、どれくらいの比率で存在するのかを知ることは、SWCNTを利用する上で非常に重要です。

さらに、吸光度測定も可能であるため、溶媒中でのSWCNTの分散状態の確認(蛍光/吸光の比から算出)も可能です。

  • SWCNT分析に特化した、世界で唯一の機械
  • 近赤外(NIR)吸光も測定可能 ※オプションで可視光領域にも対応
  • 起動後、すぐに使用出来る
  • 市場最高感度
  • 非常に早いデータ取得時間
  • サンプル使用量が非常に少ない
  • 小型/低消費電力/特殊な溶媒(液体窒素など)不要

特徴 仕様 NanoSpectralyzer (R) 仕様

NS1 NS1 (可視光オプション)
光源 ダイオードレーザ(3個)
蛍光測定レンジ 880~1580nm
吸光測定レンジ 880~1580nm 380~1580nm
NIR(近赤外)検出器 InGaAs アレイ 512素子(-18℃冷却)
吸光測定限界(上限) 3AU 2.5AU
波長分解能 3.5nm 1nm
測定可能なSWCNT直径(n)
0.7以下~1.4nm
最小サンプル量
200μL
データ取得時間 1波長約5秒
波長変更速度 10波長/秒(シーケンスモード時)
本体サイズ/重量 ※PC除く W:318mm×D:470mm×H:165mm/18kg

※仕様は予告なく変更される場合があります


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

トップへ戻る