Yb.ファイバーレーザ【シングルモード】

独自の技術である励起用光源シングルエミッターやkW級ハイパワーファイバーレーザーを実現したパラレルサイド励起方法を採用した産業用ファイバーレーザで、数多くの生産ラインでの実績が高い信頼性を示しています。

Yb.ファイバーレーザ【シングルモード】 特徴

IPGフォトニクス社製のYLR-SMシリーズは、ダイオード励起高出力Yb.(イットリビウム)シングルモードファイバーレーザです。ファイバー伝送でありながら高いビーム品質を得ることが出来るため、パルスYAGレーザを上回る溶接・切断加工を実現します。

IPG社製シングルモードファイバーレーザは、IPG社独自の技術である励起用光源シングルエミッターやkW級ハイパワーファイバーレーザを実現したパラレルサイド励起方法を採用した産業用ファイバーレーザで、数多くの生産ラインでの実績が高い信頼性を示しています。


主な特徴

優れたビーム品質

光通信分野で培ったファイバー技術・光学部品技術を基にコア径10μm以下のシングルモードファイバーより、レーザ光が出射されることにより高いエネルギー密度と綺麗なガウシアン形状の良好なビーム品質を有しています。



高効率発振/30%の電力変換効率

他のレーザ励起方法に比べ、高い電力変換効率を実現しています。冷却用のチラー容量を抑えることが出来ます。


  • 変換効率比率
  • ランプ励起YAGレーザ:3.2%
  • LD励起YAGレーザ:20%
  • CO2レーザ:9.5%
  • 他ファイバーレーザ:25%

メンテナンスフリー

主要部分がファイバーであり、ミラーなどの光学部品がないため、光学系のメンテナンスが不要です。



コンパクト設計

低出力モデルは、19インチラックにセットが可能なサイズに設計されています。


LD期待寿命が200,000時間以上

他社ファイバー融着方式とIPG社ファイバー融着方式の違いにより、大きな差が発生いたします。

他社:積層配列励起方式

  • 温度変化、温度管理が難しい
  • 並列による高い電流値
  • 熱歪み大

IPG社:パラレルサイド励起方式

  • 個別間接冷却(アルミ放熱板に設置)で管理が用意
  • 低電流値
  • 熱歪みの排除
  • 省スペース

特設サイト

Yb.ファイバーレーザ【シングルモード】 仕様

型式 YLR-100 YLR-200 YLR-300
YLR-400
波長 1070 μm
発振モード CW ・ 変調
偏光特性 ランダム
出力 50 W 100 W 200 W 300 W
ビームモード M2 < 1.05
本体寸法 (mm) 448 × 403 × 132 448 × 500 × 177 449 × 503 × 177 448 × 500 × 177
冷却方式 空冷
本体重量 30 kg
電源仕様 100 ~ 120 VAC / 200 ~ 240 VAC 200 ~ 240 VAC
ビーム伝送ファイバーケーブル終端
コリメータ コリメータ/QBHコネクタ

型式 YLR-500 YLS-1000 YLS-2000 YLS-3000
波長 1070 μm
発振モード CW ・ 変調
偏光特性 ランダム
出力 500 W 1.0 kW 2.0 kW 3.0 kW
ビームモード M2 < 1.05
本体寸法 (mm) 448 × 403 × 132 790 × 815 × 557.5 790 × 815 × 557.5 856 × 806 × 1186
冷却方式 空冷 水冷
本体重量 30 kg 120 kg 160 kg 360 kg
電源仕様 200 ~ 240 VAC 400 ~ 460 VAC 400 ~ 460 VAC 400 ~ 480 VAC
ビーム伝送 ファイバー ケーブル終端 コリメータ/ QBHコネクタ QBHコネクタ


特設サイト

Yb.ファイバーレーザ【シングルモード】 アプリケーション


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

トップへ戻る