Yb.ファイバーレーザ【Quasi-cw モード】

QCWファイバーレーザは、CW発振だけでは得られない高ピーク・高エネルギーパルスを発振可能です。

Yb.ファイバーレーザ【Quasi-cw モード】 特徴


  • 従来のYLPシリーズのパルスレーザでは、パルス幅(ns)が短く、接用には不向きで、除去用途がメインでした。
  • CWレーザをパルス化して出力しても平均出力以上のピーク出力が出せないため、ピークが必要な加工をする場合は、大出力のCWレーザが必要でした。


QCWファイバーレーザは、CW発振だけでは得られない高ピーク高エネルギーパルスを発振可能です。


シングルモードとマルチモード



QCWモデル特徴

特徴 メリット
コンパクト設計 150W機は、19インチラックに収納可能なサイズ。 600W機でも、600×600の接地面積。
メンテナンスフリー ランプ交換などの作業が発生しません。
空冷方式
チラーを必要としませんので、設置場所、ランニングコストに大きなメリットになります。
ビーム品質
マルチモードを選択した場合、Φ50-200μmのファイバーを選択可能です。
シングルモード
超微細加工、高速加工に威力を発揮します。
CW発振
パルスレーザでありながらCWモードを持っていますので、幅広いアプリケーションに対応可能です。
発振特性
設定可能なすべてのパルス幅領域において、最大ピーク出力が維持されます。
高効率
発振効率30%以上で、従来のランプ励起レーザの1/10の消費電力です。

Yb.ファイバーレーザ【Quasi-cw モード】 仕様

型式 YLR-150/1500 YLS-300/3000 YLS-450/4500 YLS-600/6000 YLS-900/9000
波長 1070 μm
発振モード パルスおよびCW
偏光特性 ランダム
ピーク出力 1500 W 3000 W 4500 W 6000 W 9000 W
最大パルスエネルギー 15 J 30 J 45 J 60 J 90 J
パルス幅 0.2 – 50 ms 0.2 – 10 ms
平均出力(パルスモード) 150 W 300 W 450 W 600 W 900 W
平均出力(CWモード) 250 W 300 W 450 W 600 W 900 W
周波数 ~500 Hz
DUTY ~50%
ファイバーオプション シングルモード
50μm
100μm
50μm
100μm
200μm
100μm
200μm
本体寸法(mm)
448 × 500 × 177 448 × 500 × 177 606 × 607 × 1300
冷却方式
強制空冷
本体重量
30kg 100kg 125kg 175kg 200kg
電源仕様
100-120 / 200-240V AC 180-250V AC 190-250V AC 180-250V AC
ビーム伝送ファイバーケーブル終端 QBHコネクタ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qdj/qd-japan.com/public_html/wp/wp-content/themes/qd-japan/single-products.php on line 112

特徴 仕様 アプリケーション Yb.ファイバーレーザ【Quasi-cw モード】 アプリケーション

トップへ戻る