×
ナノリサーチAFM-FlexAFM カスタムAFMシステム ハイパフォーマンスAFM DriveAFM NEW 液体ヘリウム再凝縮システム(NMR/マルチシステム対応) MountainsSPIP 8 X線吸収微細構造(XAFS) / X線発光分光法(XES) 強磁性共鳴スペクトロメータ(FMR) 大型ステージAFM Alphacen300 カスタムAFM-NaniteAFM 超高感度カー効果測定装置 NanoMOKE3® LFMキャリブレーター 高出力レーザ加熱型単結晶育成装置(LFZ) Laser-Based Floating Zone Furnace(LFZ) ピエゾ抵抗自己検知型カンチレバー 超低振動 7テスラ 無冷媒型オプティカルクライオスタット OptiCool® 多機能コンパクトAFM – CoreAFM コンパクト原子間力顕微鏡 NaioAFM コンパクトタイプ走査型トンネル顕微鏡 NaioSTM 対物レンズ型AFM – LensAFM 物理特性測定システム PPMS® 無冷媒型PPMS® DynaCool™ 小型無冷媒型PPMS® VersaLab™ 磁気特性測定システム MPMS®3 MPMS用 3He冷却システム 非接触式レオメーター 3DLSスペクトロメーター 超低振動無冷媒オプティカルクライオスタット オートコリレータ/クロスコリレータ 無冷媒型 FT-NMR 散乱型近接場光赤外顕微鏡 neaSNOM 量子光学スマートツール qutools 赤外線加熱単結晶育成システム(IRF) アクティブ防振台 IsoStage 液体ヘリウムリカバリー装置(NMR用 ATLシリーズ) 原子間力走査型電子顕微鏡 AFSEM カーボンナノチューブ分光計 NanoSpectralyzer (R)
×
×

ニュース

2021.06.10お知らせ

シングルセルプロテオミクス解析のサンプル調整ワークショップ ウェブセミナー開催のご案内 6/17(木) 14:00 – 17:00

本セミナーでは、シングルセルプロテオミクス解析を行うための複雑なサンプル調整を、1つの装置で実現できる全く新しい技術を紹介いたします。

近年、質量分析計の最新の改良により、1細胞からより多くのタンパク質の情報が得られるようになりました。
そのため、バルクサンプルからシングルセルプロテオミクス解析への移行を可能にする革新的な技術を開発が行われています。

シングルセルプロテオミクス解析は、細胞多様性の完全な複雑性を明らかにするものとして注目されています。
1日あたり数十~数百の細胞から、さまざまな細胞集団、細胞タイプ、および状態の、より多くのタンパク質を細胞ベースで得ることができ、細胞の不均質性や希少な細胞タイプを評価するための最大限の考察が得られます。

従来、主にcellenONEはシングルセルゲノミクス解析やモノクローナル抗体産生のプロセスで使用されるハイスループットシステムとして実績を重ねていましたが、シングルセルプロテオミクス解析におけるサンプル調整を全自動で行う一体型のシステムとして世界で注目され始めています。

日本時間:2021年 6月 17日 (木) 14:00 – 17:00
セミナー参加登録はこちら

本技術を実現する新製品“proteoCHIP”のご紹介は上記セミナー内の以下の時間で行います。
14:05 – 14:45 “ The proteoCHIP – an automated workflow for label-free and multiplexed single cell proteomics. ”

この機会に是非ご参加ください。

一覧へもどる