×
×
×

ろ過装置・遠心分離機の濁度モニタリング

多くのプロセスにおいて製品を清くするためにろ過が必要になります。通常、ろ過は遠心機やデキャンタ、珪藻土による最終最終研磨の為の沈殿槽、または他のプレコートろ過のような粗いろ過から始められます。

製品の清浄度をコントロールするため、濁度計はろ過工程の最初の段階、及び各ろ過工程に設置されます。

optek社インライン濁度計は均一なプレコート材の供給を保証するため、ろ過材の投入をコントロールおよびモニタリングすることができます。このことはろ過材の使用量を減らし、効率的なろ過に必要最低限な量を投入することによって稼働時間を延ばします。過剰のろ過材投入は効率的なろ過時間を低減し、製品ロスとプロセスの停止時間を増加させます。


インライン濁度計をろ過装置へ用いることで飛躍的に設備の不具合と測定者によるエラーを低減することができます。これらはコストのかかる再ろ過、設備の停止、製品品質の低下を避けることができます。optek社センサーは製品が次のプロセス段階に移される前に、正しい透明度が達成されることを保証します。

また、遠心分離器の入口配管と排出配管にインライン濁度計を設置することにより分離性能の大幅な向上、損失の低減および生産物の一貫性を高めることができます。

関連アプリケーション一覧

現在関連アプリケーションはありません。

アプリ別メニューへ戻る

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

電話・メールでも承っております。

こちらの製品に関するお問い合わせ、資料請求、
見積依頼は
お電話、メールでも承っております。
お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00~17:00
(土日祝・年末年始・会社休業日を除く)

トップへ戻る

Contact Us

お名前【必須】

会社名【必須】

メールアドレス【必須】

郵便番号※ハイフンなし

住所

電話番号【必須】

お問い合わせ内容