×
×
×

マイクロレオロジーによる化粧品製剤化

光学マイクロレオロジー技術は、周波数範囲を高周波数まで拡張し、ワーム状ミセルやその他の複雑な流体系のレオロジーとダイナミクスを理解するための選択技として、ますます関心を集めています。絡み合ったワーム状ミセルの高周波応答を利用することで、ワーム状ミセルの持続長や輪郭長などの重要な微細構造パラメータを抽出できることが示されています。本研究事例では、ラウレス硫酸ナトリウム(SLES)/コカミドプロピルベタイン(CAPB)系にラムノリピッド系バイオサーファクタント(モノ/ジラムノリピッド混合物,CCB)を導入し、Diffusing Wave Spectroscopy(DWS)を用いてミセル構造の進化を研究した事例となります。

アプリケーションノート

このアプリケーションの詳細情報をご覧になりたい方は、以下のリンクよりアプリケーションノートをダウンロードください。

関連アプリケーション一覧

アプリ別メニューへ戻る

メールフォームでの
お問い合わせはこちら

電話・メールでも承っております。

こちらの製品に関するお問い合わせ、資料請求、
見積依頼は
お電話、メールでも承っております。
お気軽にご相談ください。

営業時間:9:00~17:00
(土日祝・年末年始・会社休業日を除く)

トップへ戻る

Contact Us

お名前【必須】

会社名【必須】

メールアドレス【必須】

郵便番号※ハイフンなし

住所

電話番号【必須】

お問い合わせ内容