×
×
×
特徴 仕様 オプション アプリケーション カタログ
Contact Quantum Design Locate Quantum Design

STED顕微鏡 FacilityLine

Facility Lineは非常に使いやすい最先端の超解像顕微鏡です。Facility Lineはさまざまな最新の技術を組み合わせることができます。たとえば、ハイエンドの共焦点・超解像イメージング、アダプティブ照明(DyMIN, RESCue, MINFIELD)、アダプティブオプティクス、easy3D STED、オートフォーカス、分光オプション(Rainbow Detection)、全自動アラインメントの自由な組み合わせが可能です。

Facility Lineは、最高性能のSTED像を初心者でも直感的な操作で得られるように、ソフトウェアをゼロから設計しました。3クリック以内で超解像イメージに到達できるインターフェースとなっています。

メーカー

Abberior Instruments

カテゴリ

ライフサイエンス

ライブセルの超解像イメージング

Facility Lineは光毒性を既存の2%まで劇的に抑制することが可能です。ライブセルの高分解能イメージやタイムラプス測定が可能となりました。

✔ アダプティブ照明 - DyMIN/RESCue
✔ パルスゲート検出STED
✔ 高速スキャン
✔ 最適な蛍光色素:Abberior STAR/LIVE

最先端の機能とパフォーマンス

✔ easy3D STEDによる超解像3次元像
✔ 完全なオートアラインメント
✔ 高感度分光機能 - Rainbow Detection
✔ 自動フォーカス機能 (STED & Confocal)
✔ 20nmを超える分解能、MINFIELD STED
✔ 退色が少なく高感度な共焦点イメージング

高い操作性と効率性

✔ 簡単なソフトウェア操作
✔ 人間工学的なコントローラ
✔ スクリプトによる自動化

 

 

アプリケーション

TOM20 and GM130

Mitochondrial protein TOM20 and GM130 (Golgi) recorded with DyMIN STED.

ミトコンドリアのTOM20とゴルジ体のGM130をDyMIN STEDで観察した像


Microvilli

Actin in microvilli of Caco2 cells. Fixed cells were stained with Phalloidin Alexa 594 and superresolution were images recorded using STED at 775 nm. Samples by Roman Mannweiler, Institut für Klinische Physiologie, Charité – Universitätsmedizin Berlin.

Caco-2細胞の繊毛のアクチン構造。固定化した細胞は、Phalloidin Alexa 594で染色して観察した(775nm STEDレーザー使用)。サンプルはRoman Mannweiler博士(ベルリン医科大学Charité)よりご提供


Multicolor staining

Abberior STAR dye triple-stained mammalian cell. Vimentin is highlighted with the brand new Abberior STAR GREEN (green), nuclear pores stained with Abberior STAR 580 (red) and peroxisomes are labeled with Abberior STAR RED (gray).

哺乳類細胞をAbberior STAR色素で3色染色したもの。ビメンチンはAbberior STAR GREEN(緑), 核膜孔タンパク質はAbberior STAR 580(赤)、ペルオキシソームはAbberior STAR RED(灰)でラベルした。


Mitochondria

STED and confocal 3D volume image of mitochondria (antibodies against Tom20) highlighted with Abberior STAR RED secondary antibodies.

ミトコンドリアの外膜のTOM20の共焦点・STED3次元像。TOM20を一次抗体で標識し、Abberior STAR RED標識された二次抗体で染色したもの。


Drosophila 3D-STED

easy3D STED 3D of active zones at the Drosophila larval neuromuscular junction. Samples from M. Lenz & M. Landgraf (University of Cambridge, UK).

ショウジョウバエ幼虫の神経筋接合部の活性領域の3D-STED像。サンプルはM.Lenz博士・M.Landgraf博士(英・ケンブリッジ大学)よりご提供


トップへ戻る